邑智郡総合事務組合が管理するごみ焼却施設の老朽化に伴い、邑智郡3町と大田市で新可燃ごみ共同処理施設を共同で建設しています。
 新可燃ごみ共同処理施設整備の進捗状況を、「邑智クリーンセンターだより」として定期的に掲載していきます。

【平成30年11月】邑智クリーンセンターだより

新可燃ごみ共同処理施設整備計画について

 川本町、美郷町、邑南町の一般廃棄物の可燃ごみは、邑智クリーンセンターに平成10年3月末に竣工した焼却処理施設で処理しています。
 この施設は平成20年度に実施した法定の精密機能検査により大規模改修の必要性があったため、平成22年度に基幹的施設整備を行い、延命化を図りながら現在に至っています。この間、新たな施設及び処理体制の整備について検討した結果、大田市と共同で最適な廃棄物処理体制を構築することとしました。

新ごみ処理施設整備構想(PDF:1.3MB)