定住に欠かせない良質な住まいの充実を図り定住を促進するため、様々なかたちで新たな住まいづくりを応援します。

住宅購入助成

 定住される方が、町内に新築または中古住宅を購入される場合に、建築費や購入費用の一部を助成します。
 また、対象者の子どもの人数等に応じて加算があります。

【新築の場合】 最大200万円を助成
 助成額:新築費用の1/10(上限額:50万円)

 加算額:下記1~3項目数に応じて加算します。(上限額:50万円)

     1.同居で扶養する中学生以下の子供の人数×25万円

     2.世帯主が45歳未満の世帯 25万円

     3.町内業者が施工 25万円

 土地等購入助成:民有地を購入し新築した場合、土地等購入費の1/2を助成します。

        (上限額:50万円)

 建物解体助成:購入地の建物を解体して新築する場合、解体費の1/2を助成します。

        (上限額:50万円)

 

【中古住宅購入の場合】 最大350万円を助成
 助成額:購入費用の1/20(上限額:50万円)

 加算額:下記1~2項目数に応じて加算します。(上限額:50万円)

     1.同居で扶養する中学生以下の子供の人数×25万円

     2.世帯主が45歳未満の世帯 25万円

 改修助成:住宅購入後6か月以内に改修した場合、改修費の1/2を助成します。

      (上限額:250万円)

 

【交付申請~助成金交付までの流れ】

  • 交付申請書提出:申請者→町
  • 交付決定通知 :町→申請者
  • 概算払請求  :申請者→町 ※助成金の概算払を希望する場合
  • 実績報告書提出:申請者→町 ※新築(購入及び改修)完了後
  • 助成金確定通知:町→申請者
  • 請求書提出  :申請者→町
  • 助成金交付  :町→申請者

 

【様式】

pdfファイル「【住宅購入】交付申請書」をダウンロードする(PDF:94kB)

pdfファイル「【住宅購入】概算払請求書」をダウンロードする(PDF:82kB)

pdfファイル「【住宅購入】実績報告書」をダウンロードする(PDF:79kB)

pdfファイル「【住宅購入】請求書」をダウンロードする(PDF:81kB)

 

空き家改修助成

 定住希望者へ空き家を賃貸するために、所有者が改修を行う場合に、改修に要する経費を助成します。

 助成額:改修工事に係る費用…1/2助成(上限額 350万円)

※耐震性能の確認を行っていただく必要があります

※改修後の便所は、水洗便所であることが条件です

※改修後10年間は、定住促進住宅として川本町との協定締結が必要です

 

 

【交付申請~助成金交付までの流れ】

 住宅購入助成金と同様です。

 

【様式】

pdfファイル「【空き家改修】交付申請書」をダウンロードする(PDF:87kB)

pdfファイル「【空き家改修】概算払請求書」をダウンロードする(PDF:84kB)

pdfファイル「【空き家改修】実績報告書」をダウンロードする(PDF:80kB)

pdfファイル「【空き家改修】請求書」をダウンロードする(PDF:83kB)

 

空き家バンク活用促進事業補助金

 定住希望者へ空き家を売却、または貸し出すために所有者が家財撤去等を行う場合に、経費を助成します。

 助成額:家財撤去費…全額助成(上限額 10万円)

     ハウスクリーニング費…全額助成(上限額 10万円)

 ※空き家バンク登録のために行う場合は、上限額をそれぞれ20万円に増額します 

 

【交付申請~助成金交付までの流れ】

 住宅購入助成金と同様です。 ※補助金の概算払はありません

 

【様式】

pdfファイル「【空き家バンク活用】交付申請書」をダウンロードする(PDF:84kB)

pdfファイル「【空き家バンク活用】実績報告書」をダウンロードする(PDF:66kB)

pdfファイル「【空き家バンク活用】請求書」をダウンロードする(PDF:53kB)

 

Uターン住宅改修助成

 町外に居住する35歳以下の親族が、町内の実家等にUターンし同居をする際に必要となる家屋のリフォーム経費を助成します。

助成額

  • 1/2補助(補助上限額 100万円)

 

【交付申請~助成金交付までの流れ】

 住宅購入助成金と同様です。

 

【様式】

pdfファイル「【Uターン】交付申請書」をダウンロードする(PDF:86kB)

pdfファイル「【Uターン】概算払請求書」をダウンロードする(PDF:84kB)

pdfファイル「【Uターン】実績報告書」をダウンロードする(PDF:74kB)

pdfファイル「【Uターン】請求書」をダウンロードする(PDF:83kB)

 

民間住宅整備補助

 定住促進向け賃貸住宅を整備し運営する民間事業者等に対し、工事費の一部を補助します。

助成額

  • 1/2補助(上限:世帯向け600万円、単身向け300万円)/戸

 ※建設業者が島根県内に本店を有する事業者であることが条件です

 ※建築後10年間は、定住促進住宅として川本町との協定締結が必要です

 

 

【交付申請~助成金交付までの流れ】

  • 計画認定申請書提出 :申請者→町
  • 計画認定通知    :町→申請者
  • 補助金交付申請書提出:申請者→町
  • 補助金交付決定通知 :町→申請者
  • 竣工検査実施
  • 実績報告書提出   :申請者→町 ※建設完了後
  • 補助金確定通知   :町→申請者
  • 請求書提出     :申請者→町

 

【様式】

pdfファイル「【民間住宅】計画承認申請書」をダウンロードする(PDF:197kB)

pdfファイル「【民間住宅】交付申請書」をダウンロードする(PDF:71kB)

pdfファイル「【民間住宅】交付申請内訳書」をダウンロードする(PDF:62kB)

pdfファイル「【民間住宅】実績報告書」をダウンロードする(PDF:83kB)

pdfファイル「【民間住宅】請求書」をダウンロードする(PDF:52kB)

 

 

住まいづくり応援事業パンフレット

「パンフレット」をダウンロードする(PDF:2.1MB)

 

各制度の詳細については、下記までお問合せ下さい。