健康な生活を長く続けることが出来るように介護を受ける状態にならないようにすること、そして要介護状態であっても、状態がそれ以上に悪化しないようにする(維持・改善を図る)ことを目的とします。 介護予防の三本柱は「運動機能の向上・栄養改善・口腔ケア」です。

対象者

町内に住所を有する方のうち、次の要件に該当する方

  1. 概ね65歳以上の方
  2. 身のまわりのことがある程度自分で出来る方

  pdfファイル「介護予防事業」をダウンロードする(PDF:358kB)

ミニデイサービス

地域の福祉協力員さんと社会福祉協議会職員などが協力して、各集会所で体操・ゲーム・会食などのミニデイサービスを行っています。

悠湯プラザ通所事業

悠湯プラザ(湯谷)で、体操・ゲーム・会食など、隣の弥山荘で温泉を使った通所型のデイサービスを行います。食事代と温泉入浴料として1回あたり1,100円の負担が必要です。

転倒骨折予防教室

筋力維持を目的に、音戯館のプールを使用して水中運動を行います。

介護予防教室

介護が必要となる状態にならないように予防したり、状態を改善したりするため、運動指導、栄養指導や口腔ケアなどのメニューを取り入れ、介護予防教室を充実させています。 ミニデイサービスなどの機会を活用するなど、みなさんが参加しやすい方法を工夫しながら開催します。

食生活改善事業

高齢者とその家族を対象に、日ごろ偏りがちな食生活の改善を図るため、料理教室を行います。また、男性の高齢者を対象に、男性だけの料理教室も開催します。材料代として1回あたり500円の負担が必要です。