狂犬病予防法により、生後91日以上の犬は一生に一度の登録と、年に一度の狂犬病予防接種が義務付けられています。

大切な愛犬を狂犬病から守るために必ず年1回の予防注射を受けましょう

令和3年度 狂犬病予防集合注射について(令和3年度は終了しました)

町内の狂犬病集合注射は終了しました。かかりつけの動物病院で接種をお願いします。

毎年5月に町内を巡回し、犬の集合注射を行っています。

新型コロナウイルス感染症拡大防止を十分に考慮したうえで、下記の日程にて実施いたします。

日程:令和3年5月25日(火)~5月27日(木)

★時間・場所等詳しくは、自治会回覧または5月中旬に役場から送付するハガキをご覧ください。

持ち物

●狂犬病予防注射・済票:1頭 3,000円(内訳:注射代2,450円、注射済票交付手数料550円)
●「狂犬病予防注射のお知らせ」のハガキ
●犬の登録手数料:1頭 3,000円(登録をされていない犬のみ)※会場にて申請書をご記入いただきます

※「狂犬病予防注射のお知らせ」のハガキにつきましては、3月末まで犬の登録が完了している飼い主の皆さまに送付いたします。
※おつりのいらないようにお願いします。

注射時の注意事項

・注射時に飼い主に犬を押さえてもらう必要がありますので、犬を制御できる方がお越しください。
・狂犬病予防注射の接種の際には、犬が興奮して思わぬ事故をおこすことが考えられます。必ず首輪とリードで抜けないようにしっかりと留め、噛み付いたり犬が逃げ出すなどの事故により、他の犬や人に危害を加えないようにしてください。
・会場へはたくさんの犬が来ます。いつもよりリードを短めに持ち、他の犬や人との接触にご注意ください。

会場での咳エチケットの徹底、帰宅後の手洗い・うがいなど、新型コロナウイルス感染症予防に努めていただきますよう、ご理解ご協力をお願いします。

動物病院で注射する場合

 動物病院で予防注射をされた場合は、狂犬病予防注射済証(証明書)を発行してもらい、町民生活課環境生活係に持参し、注射済票の交付申請をしてください。狂犬病予防注射済票をお渡しします(動物病院によっては、手続きを代行してくれるところもあります。)

※狂犬病予防注射の料金は、動物病院によって異なります。詳しくは各動物病院へお問い合わせください。

手続きの際に必要なもの

●動物病院発行の狂犬病予防注射接種済証
●狂犬病予防注射済票交付手数料:550円

犬の登録について

犬を飼い始めたら、町民生活課環境生活係で登録申請をしてください。
登録の際、鑑札をお渡ししますので、紛失しないよう犬の首輪につけてください。
万が一、紛失した場合は届け出てください。

  • 新規登録手数料:   3,000円
  • 鑑札再交付手数料:  1,600円
  • 注射済票再交付手数料: 340円

登録変更(次の場合は届出をしてください)

  • 川本町外から転入・譲り受け
    (前市町村で登録時に発行された鑑札を町民生活課環境生活係にお持ちください。)
  • 川本町外へ転出・譲渡
    (転出先の市町村に、川本町の鑑札と一緒に届け出てください。)
  • 町内での飼い主および住所変更

死亡届

飼い犬が死亡した場合は、登録時に発行された鑑札と一緒に届け出てください。

飼い主のみなさんへ

狂犬病予防注射済票は、登録時に交付される鑑札とともに、犬の首輪につけてください。(法律で義務付けられています)鑑札や注射済票は、迷子札の役目も果たします。

犬を散歩させるときは、フンの後始末は飼い主が責任を持ってしてください。
また散歩の時は必ずリード(紐や鎖)につないでください。
放し飼いはやめましょう。

※近隣の方に迷惑をかけないように、きちんとしつけをしましょう!
犬も大切な家族の一員です、最後まで責任と愛情を持って飼いましょう!!